看護師・歯科衛生士セッション

第36回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会では今回も看護師・歯科衛生士セッションを企画いたしました。多数の皆様のご参加、ご発表をお待ちしております。
本セッションは、日本歯科衛生士会第4次生涯研修制度「特別研修」の
対象セッション(3単位)に指定されております。
本セッションは、看護師・歯科衛生士の口腔ケア、看護等のがん支持療法の技術と知識の向上を目指しております。今回は、一般口演に加え、各分野で活躍されている先生から「がん支持療法における医療連携の将来像」、「頭頸部がん患者を対象とした周術期口腔機能管理における歯科衛生士の関わり」、「がん専門病院における周術期口腔機能管理の実際」について、ご講演していただき、頭頸部がんサバイバーに対する治療時の口腔支持療法の実際、ケアや当事者の語りに焦点を置き、口腔支持療法における連携のあり方について考えるセッションとしたいと考えております。
プログラム
看護師・歯科衛生士セッション 一般演題
座長:坂井 さゆり先生(新潟大学大学院保健学研究科 准教授・新潟大学工学部)
   光永 幸代先生(神奈川県立がんセンター 歯科口腔外科 医長)
看護師・歯科衛生士セッション 教育講演
座長:坂井 さゆり先生(新潟大学大学院保健学研究科 准教授・新潟大学工学部)
   光永 幸代先生(神奈川県立がんセンター 歯科口腔外科 医長)

「がん支持療法における医療連携の展望〜がん看護の教育・研究者の立場から」
演者:坂井 さゆり先生(新潟大学大学院保健学研究科 准教授・新潟大学工学部)
「頭頸部がんサバイバーの語り 〜口腔に関わる諸問題とその対応について〜 」
演者:山中 紗都先生(千葉県立保健医療大学 健康科学部 歯科衛生学科 助教)
「神奈川県立がんセンターにおける口腔支持療法の現状と課題 ─頭頸部癌放射線化学療法における
 介入を中心に─」

演者:光永 幸代先生(神奈川県立がんセンター 歯科口腔外科 医長)
演題募集
奮っての登録をお待ちしております
演題登録締切: 10月13日(金)15:00
演題登録は、締め切りました。
多数のご応募をいただきましてありがとうございました。
応募資格
看護師・歯科衛生士セッションの看護師・歯科衛生士の方は会員である必要はありません。
非会員の場合、演題登録画面の会員番号欄に99とお入れください。
(1)演題分類 1
12
看護師・歯科衛生士セッション : 口演(公募)を選択ください。
(2)演題分類 2
01
臨床研究
03
症例報告
02
基礎研究
04
ビデオ
(3)演題分類 3
01
悪性腫瘍
03
その他
02
良性腫瘍
(4)演題分類 4
01
手術療法
11
リハビリ・嚥下
02
頸部郭清術
12
画像診断
03
再建
13
病理
04
咬合再建(インプラント、顎補綴など)
14
前癌病変
05
化学療法
15
周術期口腔管理
06
放射線療法
16
バイオマーカー
07
化学放射線療法
17
遺伝子
08
分子標的
18
腫瘍免疫
09
臨床統計
19
その他
10
支持療法
抄録作成時のご注意
抄録は以下の要領にて作成してください。
(1)演題名:全角60文字以内
(2)最大著者数(筆頭演者+共著者):20名以内  ※筆頭演者は必ず発表者としてください
(3)最大所属施設:20施設以内(複数施設選択可)
(4)抄録本文の制限文字数:
  【演題分類1】でシンポジウム・ワークショップを選択された方は、全角1,000文字以内
  【演題分類1】でビデオセッション、一般演題(口演・ポスター)、看護師・歯科衛生士
         セッションを選択された方は、全角600文字以内
 ※ご本人が登録された内容をそのまま抄録集に印刷します。
  ミスタイプがあってもそのまま印刷されますので、必ず登録内容を受領通知メールで確認して
  ください。

(5)その他
 ※全角文字は1文字として、半角文字は1/2文字として数えます。
  アルファベットの直接入力は半角英数ですので1/2文字となります。
 ※<SUP>などのタグは文字数には換算しません。
 ※半角カタカナや丸数字・ローマ数字・特殊文字等の機種依存文字は使用できません。
 ※予め適当なワードプログラムで文字数を制限以内に調整した原稿を用意し、
  それを画面にコピー・ペースト(貼り付け)するようにしてください。
(6)筆頭著者、共著者のお名前、ご所属及び演題名は必ず英語表記の入力もお願いいたします。
演題の受領通知
ご入力いただいたメールアドレス宛に「登録完了確認メール」が自動配信されます。
必ず確認メールが届いたことを確認してください。届かない場合は、誤入力の可能性がありますので、「確認・修正・削除」ボタンより正しく登録されているかを確認してください。
受領通知メールが届かない場合は、メールにて運営事務局( jsoo36@admedic.jp )までご連絡をお願いいたします。
※メールはシステムによる自動配信のため、フリーメール(yahoo, hotmail, gmailなど)では、
 正常に届かないケースが多くみられます。
 フリーメール以外のアドレスをご使用されることをお勧めします。
セキュリティー保護のため、事後のパスワード(パスワードは登録時に任意で設定していただきます)と登録番号(登録時に自動的に付番)への問い合わせへの対応はいたしかねますので、登録番号とパスワードは必ず保管しておいてください。
演題の発表通知
演題の採否、発表時間、発表形式は大会事務局にご一任ください。
演題の採否は演題登録の際に登録されたメールアドレス宛にお知らせします(11月下旬頃)。
演題の登録
(1) UMINオンライン演題登録システムでご利用になれるブラウザは、Internet Explorer、
   Netscape、Safari、FireFox、Google Chromeです。
   それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
(2) 暗号通信のご利用をお勧めいたします。
   オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用をお願いします。
   暗号通信の使用により、第3者がパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、
   改ざんしたりすることを防ぐことができます。
   ただし、暗号通信が使用できない場合(施設やプロバイダの設定に問題があるか、
   ブラウザが古い)もありますので、その際は平文通信をご利用ください。
   平文通信においては、パスワードの盗聴が可能ですから、セキュリティや個人情報の保護の
   点で危険です。特に病院情報システムやメールアドレス用に使っているパスワードの使用は
   絶対に避けてください。被害が演題・抄録以外にも及びます。
   平文通信をご利用の際は、こうした危険性を十分に考慮してください。
演題登録・確認・修正
演題申込締切までは、登録された演題を何度でも確認・修正・削除することが可能です。
受付番号とパスワードについて
演題を登録する際に、任意のパスワードを設定していただきます。
このパスワードと登録の際に発行されます受付番号がなければ、演題の確認・修正・削除はできませんので、ご注意ください。
「パスワード」と「受付番号」は必ず控えておいてください。
運営事務局、UMIN事務局では、「パスワード」および「演題登録番号」に対する 問い合わせ
 にはお答できません。

登録演題の修正・削除
演題の「確認・修正」ボタンをクリックしてください。
 受付番号(初回登録時に発行されたもの)と、パスワード(ご自身で入力されたもの)を入力
 してください。
 画面上で修正し、最後に更新ボタンをクリックしてください。
 これで修正は完了です。
修正回数に制限はありません。修正するたびに、登録内容がメールで通知されます。
 メールを受信し、登録者本人が必ず修正内容を確認してください。
 ※削除も同様の方法で可能ですが、一旦削除してしまいますと元には戻りませんので、修正削除の
 ボタンの押し間違いにはくれぐれもご注意ください。
演題登録画面へ
オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用をお願いします。
暗号通信の使用により、第三者がパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改ざんしたりすることを防ぐことができます。
暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)は、平文通信をご利用ください。
平文通信においては、パスワード等の盗聴が可能ですので、セキュリティや個人情報の保護の点で危険だということを十分に考慮してください。
暗号通信:推奨
新規登録(暗号通信)
確認・修正(暗号通信)
暗号通信が使えないので、平文通信を使う
※平文通信の利用は推奨しません。暗号通信が使えない場合にのみ以下をご利用ください。
新規登録(平文通信)
確認・修正(平文通信)
お問い合わせ先
第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 運営事務局
株式会社アド・メディック 内
TEL:025-245-4087 (月〜金 10:00〜17:30)
FAX:025-247-8101
E-mail:jsoo36@admedic.jp

copyright (C) 第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会. all rights reserved.