座長・演者の皆様へ

1. 利益相反の開示について
産学連携による臨床研究には、学術的・倫理的責任を果たすことによって得られる成果への還元(公的利益)だけでなく産学連携に伴い取得する金銭・地位・利権など(私的利益)が発生する場合があります。これら2つの利益が研究者個人の中に生じる状態を利益相反(conflict of interest: COI)と呼びます。
日本口腔腫瘍学会では、学会として情報開示の方針が決定されたことに伴い、利益相反状態の申告を行っていただくことになっています。
演題ご登録時に利益相反(COI)開示の有無について申告をお願いいたします。
利益相反についての情報開示の対象は、発表演題が臨床研究である場合で、筆頭演者自身の抄録提出1年前から発表時までにおける、発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体に関するものについてです。共同演者については、不要です。
また、培養細胞や実験動物を使用した基礎研究に関しては対象外といたします。
学会での演題発表時に、下記のサンプルに基づいて利益相反に関しての情報を提示してください。
口演発表の場合は演題タイトルの次のスライドに、ポスターの場合は演題タイトルの直下の位置に提示してください。

利益相反に関して開示すべき事項については、本大会において自己申告が必要な金額を次のように定めます。
1.企業または営利を目的とした団体の役員、顧問職については、1つの企業または団体
 からの報酬額が年間100万円以上。
2.株の所有については、1つの企業についての1年間の株による利益(配当、売却益の
 総和)が100万円以上、あるいは当該企業の全株式の5%以上。
3.企業または営利を目的とした団体からの特許権使用料については、1つの特許権使用料
 が年間100万円以上。
4.企業または営利を目的とした団体から、会議の出席(発表)に対し、研究者を拘束した
 時間・労力に対して支払われた日当(講演料など)については、1つの企業または団体
 からの年間の日当が合計50万円以上。
5.企業または営利を目的とした団体がパンフレットなどの執筆に対して支払った原稿料に
 ついては、1つの企業または団体からの年間の原稿料が年間50万円以上。
6.企業または営利を目的とした団体が提供する研究費については、1つの臨床研究に対し
 て支払われた総額が年間200万円以上。奨学寄附金(奨励寄付金)については、1つの
 企業・団体からの1名の研究代表者に支払われた総額が年間200万円以上。
7.その他の報酬(研究とは直接無関係な旅行、贈答品など)については、1つの企業また
 は団体から受けた報酬が年間5万円以上。
利益相反(COI)開示サンプル
2. 座長の方へ
(1) あらかじめ、ご自身がご担当されるセッションの会場の確認をお願いします。
(2) 担当セッション開始10 分前までに、会場内の次座長席にご着席ください。
(3) セッションにおいては、プログラムの時間の厳守をお願いするとともに、限られた時
   間内にて発表が円滑に進行するようにご配慮ください。
(4) ポスター座長はセッション開始10 分前までに5F ポスター会場前「座長受付」へお越
   しください。ストップウォッチをお渡ししますので、計時はご自身でお願いします
   (タイムキーパーはおりません)。
3. 口演演者の方へ
(1)発表時間について
 発表時間は以下のとおりです。
 参加者の皆様に活発な討論をしていただくために、発表時間の厳守をお願いいたします。
 シンポジウム 個別に連絡したとおりです
 ワークショップ 個別に連絡したとおりです
 ビデオセッション 個別に連絡したとおりです
 一般口演 発表 6分、質疑 2分
 ポスター発表(優秀ポスター賞エントリー演題含む) 発表 6分、質疑 2分
 看護師・歯科衛生士セッション 発表 6分、質疑 2分
 ※別途座長から指示のある場合には、上記の限りではありません。
 ※学会のスムーズな進行の為、次演者席は会場前方左側に用意をしております。
  以降の演者も次演者席で待機ください。
 ※口演中のPC の進行は、演者ご自身でお願いいたします。
 ※口演時間の経過は口演終了時間1 分前に予告ランプ、口演終了時に赤ランプが点灯します。
(2)発表方法について
 発表は、PowerPoint によるPC 発表のみとします。
  Windows の場合はCD-R またはUSB メモリのメディアでお持ちください。
  動画のある方とMacintosh の場合は必ずご自身のPC をお持ちください。
 盗難防止につき、発表時には手荷物を壇上へお持ちください。
〈PC 受付〉
場所:3F ホワイエ
時間:1月25日(木) 8:30〜16:30
   1月26日(金) 8:30〜15:00
※演者は発表時間の60 分前まで(朝一番のプログラムは30 分前まで)に、PC 受付にて試写を
 行い、発表データをご提出ください。
 試写終了後は、発表セッションの開始10 分前までに各会場内の次演者席にご着席ください。
※会場では発表原稿の出力には対応できませんので、必ずご自身で事前にご準備ください。
〈メディアをご持参の場合〉
事務局でご用意するPC はWindows です。アプリケーションはPowerPoint2007〜2016 が使用
 できます。Macintosh で作成されたデータには対応できませんので、必ずご自身のノートPC を
 ご持参ください。
発表データは、CD-R またはUSB フラッシュメモリーでご持参ください。
※CD-R にデータをコピーするときには、ファイナライズ(セッションのクローズ)作業を必ず
 行ってください。この作業が行われていないと、作成したPC 以外ではデータを開くことができ
 ませんので、ご注意ください。
使用するフォントについては標準で装備されているフォント(MS・MSP 明朝、MS・
 MSP ゴシック、Arial、Century、Times New Roman)をご使用ください。
画面の解像度はXGA(1024 × 768 ピクセル)です。このサイズより大きい場合は、スライドの
 周囲が切れてしまいますのでご注意ください。
動画(PowerPoint のアニメーション機能は除く)を使用される場合は、ご自身のノートPC を
 ご持参ください。音声は使用できません。
データは最新のウイルス駆除ソフトを使用してウイルスチェックを行ってください。
発表データはハードディスクにいったんコピーいたしますが、大会終了後に事務局にて責任を
 持って消去いたします。
〈ご自身のノートPC を使用される場合〉
Windows、Macintosh ともに受付可能です。
発表中または準備中にバッテリー切れとなることがあります。電源アダプターは必ずご持参
 ください。
会場で用意するPC ケーブルコネクターの形状はMiniDsub15ピンです。
 この形状にあったノートPC をご用意いただくか、この形状に変換するケーブルを必ずご用意く
 ださい(SONY のVAIO、SHARP のMebius、Macintoshなど一部のノートPC には
 MiniD-sub15 ピンが装備されていませんので、ご確認ください)。
スクリーンセーバー、省電力機能、パスワード設定など発表の妨げとなるツールは事前に解除して
 おいてください。
画面の解像度はXGA(1024 × 768 ピクセル)です。解像度の切り替えが必要なPC は、
 あらかじめ設定しておいてください。
口演では円滑な発表に支障をきたすため、発表者ツールは使用できません。
念のため、バックアップをCD-R またはUSB フラッシュメモリーでご持参ください。
データ確認終了後は、発表会場のPC オペレーター席へ発表セッション開始30分前までにご自身で
 PC をお持ちください。PC は、発表終了後にオペレーター席にて返却いたします。
4. ポスター演者の方へ
(1)発表形式
発表時間は、発表6分、質疑2分です。
セッション開始15 分前までにご自身のポスターパネル前で待機してください。
【ポスター発表時間】1月25日(木)18:00〜19:00
          1月26日(金)15:30〜16:30
(2)優秀ポスター賞
優秀ポスター賞にエントリーいただいた演題の中から、審査のうえで「優秀ポスター賞」を表彰いたします。1月26日(金)13:00以降に総合受付前に掲示しますので、閉会式の際に行われる表彰式にご出席をお願いいたします。
(3)ポスター作成
「 発表ポスター」(縦190cm×横90cm)、「演題名・演者名・所属」(縦20cm×横70cm)
 および発表者の顔写真(縦15cm×横20cm程度)をご準備ください。
演題番号(縦20cm×横20cm)は事務局で用意いたします。
 発表者の顔写真は演題番号の下に貼付してください。
ポスターは、下記の時間帯に、貼付および撤去をお願いいたします。
【貼付】1月25日(木)9:30〜10:30
【撤去】1月26日(金)16:30〜17:00
※貼付用のポスターピンは事務局で用意いたします(各パネル前に設置します)。
 撤去時間内に撤去されなかったポスターは、事務局で撤去のうえ、処分いたしますので、
 ご了承ください。保管・返送はいたしませんので、ご注意ください。
ポスター内容をA4版にまとめた資料を50部ご用意ください。

copyright (C) 第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会. all rights reserved.